0602

小学校六年生の野村文生訓の「詩」
「私と私」の新聞投稿の一編。続んでみましょう。

私の目に私がうつる能量水
ひとりでににこにこしてくる
おこったときでもかなしいときでも
自然ににこにこしてくる
(中略)
鏡の中の私が
私になにか話しかけてくる
私が話しかける
すると私はすなおになる
(中略)
鏡の中に私がいる
私の中に私がいる

野村文生君のこの詩から、「自分が自分にめぐりあう」意味を
続みとりましょう。鏡に映る自分の面影を良く見つめることによって
私たちは、自分の中に隠れているもう一人の真実の自分にめぐりあ
えるのです。影と本体とはいつも一緒です。感情のままに動く私
は、いわば、鏡に映る影の私です。影の私から何か話しかけられ
て、私たちは、真実の「私」に出会えるのです。
真実の私と感情の私とが、、小さな私たちの身中にいつも同居し
ています。この事実を「同行二人」と申します。
四国のお遍路さんや西国の巡礼さんが頭に載せる笠に「同行二人」
と書かれてあるのをご存知でしょう。遍路さんはは弘法大師さまと、
巡礼する人は観音さまと、それぞれ同行二人の旅を続けるのです。
弘法大師・観音さまとは、私たちの中に埋みこめられた真実の自己
を象徴されるのです。感情のままに動く自分を感性的自我(凡夫と
いってもよい)といい、感性的自我の中に隠れている真実――本当の
自分を本来的自己(如来の心)といいます。遍路や巡礼の聖蹟や
霊場を訪ねる旅は、じつは私たちの心中に真実の自己を求める修業
にほかなりません。
---省略ーーー
感情のままに変わっていくあさましい自分の顔を鏡で見たとき、
「そんな顔はやめたらどうだ」と。笑顔に引き戻してくれるのも自
分です。このもう一人の自分を「本来的の自己(セルフ)」といい
ます。感性的自我と本来的自己との二人の対話を示すのが「坐」
の字です。他者との対話も大事ですが、さらに欠かしてならないの
が、エゴとセルフとの「二人の自分との対話」だと、思います。

私たちは、泣いたり笑ったりするのが自分だと思い込んでいるところ
に、混乱が起きるのです。

「泣いてるぞ、笑っているぞ、そんなことじゃぁダメだぞ」と自分を
リードしてくれるもうひとりの自分に対話ができてきますと、自然に自分
をコントロールできるのです。しかし、残念なことに今は自我を主張す
ることだけが中心になっています。

この自我を批判するもう一人の自己を開発していく教育が、遅れてい
るのではないでしょうか雪纖瘦